技術紹介About our Technology

金属加工

金属加工

線材をあらゆる形状に

ブラジャーのカップを支えるワイヤーを作る技術です。多彩なカップ形状にフィットしたワイヤーを成形することができます。最新技術を駆使した成形機は、形状を入力するだけでワイヤー曲げプログラムを自動的に作成。等角螺旋から複雑な三次元形状まであらゆる形に成形します。製造ラインは完全オートメーションで、成形したワイヤーを一本一本計測して結果をフィードバックする自動補正により高い品質安定性を誇ります。
また、インナーワイヤー以外にも様々な用途、市場でも活用されています。

ナイロンコーティング

ナイロンコーティング

インナーパーツはもちろん
食品・医療機器の実績も多数

被塗物全面に均一な被膜を作る技術で、小さな金属を大量に塗装することができます。また、樹脂コーティングの無毒性、耐摩擦性と耐衝撃性にも優れた特性から、食品機器や医療機器にも多くの実績があります。色は白と黒の2種類があり、白はさらに染色することによって多様な色に展開可能。当社ではナイロンコーティング技術をインナーパーツ(ワイヤー、アジャスター)に使用しています。コーティング後のアジャスターには保持用の接点が無く、直接肌に触れても安全です。

染色

染色

難易度の高い
製品・半製品の染色技術

ナイロンコーティング後の色付けをはじめ、生地・樹脂・複合パーツ・完成品など様々な製品・半製品の染色が可能です。高温で処理する染色は、加工後の形状安定や堅牢度等の品質確保が非常に難しい技術です。当社では独自に開発した特殊な染色機や仕上げ機等のノウハウの蓄積により、今日の製品染色技術を確立してきました。一回の染色で3色を表現できる「一浴3色染め」なら、華やかな色合いに仕上ります。

設備開発

設備開発

試験結果をもとに
生産設備も開発

UTAXでは生産設備を自社開発しています。設計にあたり、製品の性能評価や設備開発の仕様などを決める基礎試験を行い、その結果から設備開発を行います。また、新商品を開発する場合、どのような強度や性能が必要かを、各種試験機(硬度計・引っ張り試験機・電子顕微鏡など)で検証し、決定します。

Page Top